• 花嫁

    手作りで伝えよう

    親への記念品の予算は、全国の平均金額として1万円前後だと言われています。やはり、

  • プレゼント

    実用的な贈り物も

    般的に、結婚式の贈り物なら実用的なものがほしい。という人も少なくありません。贈る

結婚式準備とは

花嫁と花婿

女性であれば、一度は憧れるものは結婚式です。結婚式と聞くと、ウエディングドレスやチャペル、バージンロードを思い浮かべることができます。
家族や友人など今までお世話になった人々を招き、温かく祝ってもらい、今までの感謝の気持ちを伝える日です。
この結婚式を迎えるまでには、準備をすることがたくさんあります。
新郎新婦の二人で、どんな結婚式にしたいのか話し合うことから始まります。
続いて、会場選びや衣装選び、招待する人のリストアップ、提供する料理の決定、BGM作成やプランナーとの打ち合わせなどが挙げられます。
どの作業も、当日の新郎新婦の二人の様子や招待する人々の嬉しそうな顔を思い浮かべながらの作業となります。

結婚式は、新郎新婦が永遠の愛を誓う大切な儀式です。しかし、二人だけが主役ではありません。
結婚式は、両家の両親が子育てを卒業する「子育ての卒業式」とも考えられるイベントです。
このことから、今まで、自分たちを育ててくれた両親に感謝を表す1日となります。
この感謝を伝える為に、結婚式では、両親への感謝の気持ちと一緒に花束などの贈り物を贈呈するというプログラムが用意されています。
普段は照れくさくて伝えることが難しい感謝の言葉も、贈り物と一緒であれば伝えやすいものです。

以前は、感謝の言葉と一緒に渡す贈り物といえば、花束のみが主流でした。
しかし、今では、花束と一緒に新郎新婦の出生時の体重と同じ重さのウエイトドールやお米、時計や旅行券など様々な記念品を贈るカップルが多く見られます。
結婚式の準備のなかでも、当日の両親が喜ぶ顔を想像しながら記念品を選ぶ作業は、心の温かくなる作業です。花束だけでも十分とは思いますが、記念に残るものは両親も喜ぶことでしょう。

また、昨今では、両親への贈り物だけでなく引き出物やプチギフトなどの一般の招待客への贈り物も多種多様化しています。
結婚式へ参加してくれる皆さんに「素敵な結婚式だった、参加して良かった」と素敵な記憶を残してもらう為にも、結婚式の中で記念品や贈り物は重要と言えます。

オススメリンク

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031